OS・システム環境

アルファテック製品をご使用いただくためのOS・システム環境に関してのFAQです。

Q Ver.14までの共通一覧
  1. OSがWindows7でマイデータベースのSQLServer2005インストール時にエラーが発生してインストールができません。
  2. ライセンスサーバーのIPアドレスを変更し、クライアントのライセンス形式の設定も変更したところ、ACAD-DENKI起動時に「環境の作成に失敗しました」と表示されます。
  3. AutoCADのライセンスサーバーとBricscadのライセンスサーバーを併用してもよいでしょうか?
  4. ACAD-DENKIはスタンドアロンライセンスで使用し、オプション製品のみフローティングで使用していますが、ラインセンスが認識できません。
  5. 製品を起動時に、「環境の作成に失敗しました」と表示され起動できません。
  6. ACAD-DENKIとDENKI2000の環境を共有して使用することはできますか?
  7. Windows 7 の64bitOS上で、ACAD-DENKIを使用できますか?
  8. Windows XP ServicePack 2 で使用していた環境にWindows XP ServicePack 3 を適用した場合の注意事項はありますか?
  9. アルファテックライセンス管理サービスがWindows Server 2003 ServicePack 1 へインストールできません。
  10. Windows XP ServicePack 2 を適用した場合の注意事項はありますか?


Ver.14までの共通FAQ
  1. OSがWindows7でマイデータベースのSQLServer2005インストール時にエラーが発生してインストールができません。
  2. A
    下記メッセージの原因は、マイデータベースのパスワードが Windwos 7 で設定されているパスワードポリシーの要件を満たしていないからです。

    • Windows 7 のコントロールパネルの管理ツールから下記の設定を変更してください。
    •  [ローカルセキュリティポリシー]-[セキュリティの設定]-[アカウントポリシー]-[パスワードのポリシー]
        (変更対象項目と設定値)
        パスワードの長さの値:0~5
        複雑さの要件を満たす必要があるパスワード:無効
        (変更例)
        • パスワードの長さ  5文字以上
        • パスワードの変更禁止期間 *日
        • パスワードの有効期間 **日
        • パスワードの履歴を記録する *回
        • 暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する 無効
        • 複雑さの要件を満たす必要があるパスワード   無効
        セキュリティの面から変更ができない場合、弊社サポートまでご連絡ください。
        パスワードを強化したマイデータベースのインストーラを提供させていただきます。
        尚、Ver.13 からパスワードを強化した新しいマイデータベースのインストーラに変更され、インスタンス名も "ALFATECH2" に変わります。

    一覧に戻る


  1. ライセンスサーバーのIPアドレスを変更し、クライアントのライセンス形式の設定も変更したところ、ACAD-DENKI起動時に「環境の作成に失敗しました」と表示されます。
  2. A
    ライセンスサーバのIPアドレスだけを変更した場合(ライセンスサーバ名は同名)は、ACAD-DENKI共有フォルダを一旦切断してください。
      (操作)
    1. [スタート]-[すべてのプログラム]-[Alfatech]-[管理ツール]-[ライセンス型式の設定] の「サーバーのIPアドレス」を設定変更
    2. ACAD-DENKI 共有フォルダのネットワークドライブを一旦「切断」し、再度「ネットワークドライブの割り当て」を実行

    一覧に戻る


  3. AutoCADのライセンスサーバーとBricscadのライセンスサーバーを併用してもよいでしょうか?
  4. A
    併用は可能です。
    Bricscadのフローティングライセンスの設定は、クライアントからネットワーク上の共有先に保存されているライセンスファイルを指示するよう設定します。
      (ご注意)
      Bricscadライセンスファイルに対しては、各クライアントからの書き込み権限が必要です。
      ライセンスファイルが削除されないように共有先の設定は「読み書き可/削除不可」などの設定にしてください。

    一覧に戻る


  5. ACAD-DENKIはスタンドアロンライセンスで使用し、オプション製品のみフローティングで使用していますが、ラインセンスが認識できません。
  6. A
    その場合は、スタンドアロンとフローティングの両方のライセンスを認識させていただく必要があります。
    1. [スタート]-[プログラム]-[Alfatech]-[管理ツール]-[ライセンス形式の設定]を選択します。
    2. ライセンス形式の設定ダイアログが表示されます。ダイアログを以下のように設定します。
    3. ----------------------------
       ○スタンドアロンライセンス
       ◎フローティングライセンス <-選択
        サーバのIPアドレス[ ***.***.***.***]
        ライセンスの確認順[スタンドアロン->フローティング]
      ----------------------------
      "サーバのIPアドレス"はアルファテックライセンス管理をインストールされている端末(サーバー)のIPアドレスをご確認下さい。
    4. [OK]をクリックして終了します。 これで、スタンドアロンライセンスを確認後フローティングライセンスを認識しますので、フローティングライセンスのオプションを使用していただくことができます。

    一覧に戻る


  7. 製品を起動時に、「環境の作成に失敗しました」と表示され起動できません。
  8. A
    環境の作成先が認識されていない場合、または環境の作成先に書き込み権限を持たないユーザで起動された場合に以下のメッセージが表示されます。
    1. [スタート]-[プログラム]-[Alfatech]-[管理ツール]-[場所の確認と一括変更]を選択します。
    2. 場所の確認と一括変更ダイアログの「環境の作成先」パスを確認します。
    3. (Ver.7.x以前は、[スタート]-[プログラム]-[Alfatech]-[管理ツール]-[ACAD-DENKI]-[場所の確認と変更])
    マッピングドライブ(Z:\など)が無い場合は、作成してください。 書き込み権限がない場合は、権限を与えるか、権限のあるユーザでログオンし直してください。

    一覧に戻る


  9. ACAD-DENKIとDENKI2000の環境を共有して使用することはできますか?
  10. A
    環境内部の仕組みが全く違いますのでできません。
    DENKI2000環境をACAD-DENKIで使用する為には、DENKI2000移行ツールをご使用いただきACAD-DENKI環境への移行を行なっていただく必要があります。
    逆に、ACAD-DENKIの環境からDENKI2000の環境に移行することはできません。
    また、同一端末にACAD-DENKIとDENKI2000をインストールされてご使用になる運用は保証しておりません。

    一覧に戻る


  11. Windows 7 の64bitOS上で、ACAD-DENKIを使用できますか?
  12. A
    ACAD-DENKI V12以前は、64bitモードをサポートしていません。
    Bricscad 32bit版 + ACAD-DENKI であれば、64bitOS上でも 32bitモードとして動作します。
    AutoCADの場合は、64bitOS上には64bit版がインストールされますので、ACAD-DENKI(32bitモード)から起動・アドオンとして動作させることができません。
    64bitOS上では、Windwos 7 Professional等が提供している Windows XPモード を設定してご使用ください。
    Windows XPモードについては、下記URL等を参照してください。
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/install-and-use-windows-xp-mode-in-windows-7
      「Windows XPモード」で使用する場合のご注意
    • ネットワークプリンタを使用する場合
    • VirtualPC のネットワーク設定を、デフォルトの[共有ネットワーク(NAT)]から[ネットワークアダプター]に変更して直接外部のネットワークに接続してください。
    • ライセンスがスタンドアロン(PC端末にUSBプロテクト)の場合
    • Windows Virtual PC(Windows XP Mode)を起動の都度、[USBデバイスを接続]する必要があります。

    一覧に戻る


  13. Windows XP ServicePack 2 で使用していた環境にWindows XP ServicePack 3 を適用した場合の注意事項はありますか?
  14. A
    Windows XP ServicePack3 はWindows XP ServicePack 2 以降の WindowsUpdate の集大成であり、新機能なども追加されていません。

    一覧に戻る


  15. アルファテックライセンス管理サービスがWindows Server 2003 ServicePack 1 へインストールできません。
  16. A
    アルファテックライセンス管理サービス(製造番号:40720) の CD-ROM で、Windows Server 2003 ServicePack 1 にインストールする際、setup.exe からのインストールができません。
    CD-ROM 内の AlfatechLM.msi を直接実行することで、アルファテックライセンス管理サービスをインストールすることができます。
    本現象は2005年11月リリースのアルファテックライセンス管理サービス(製造番号:40720)で発生しておりましたが、現在は解消されています。

    一覧に戻る


  17. Windows XP ServicePack 2 を適用した場合の注意事項はありますか?
  18. A
    Windows XP ServicePack 2 を適用した環境にアルファテックライセンス管理サービスをインストールされている場合、ライセンスを認識することができません。
    この場合、以下の手順にて回避することができます。
    1. コントロールパネルから「セキュリティセンター」を起動します。
    2. 「Windows セキュリティ センター」から「Windows ファイアウォール」を選択します。
    3. 「Windows ファイアウォール」から「例外」タブを選択します。
    4. 「ポートの追加」ボタンを選択します。
    5. 「名前」に "アルファテックライセンス管理サービス" 、「ポート番号」に "10725" を入力、「TCP」を選択します。
    6. 「OK」ボタンを選択します。

    一覧に戻る